読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモ生活etc

無職ヒモ日記8

○無職の生活(彼女宅編) 基本的に彼女の自宅には週末入り浸る感じである。金曜の夜に部屋に行き、そのまま土日を過ごす。その間の食費は一応割り勘。光熱費に関しては無料である。 この日はふだん毎日シャワーなので湯船を張った風呂に入れることが楽しみで…

無職ヒモ日記7

○無職の生活(自宅編) 13時頃:起床、ノソノソと万年床から起き上がり散らかりまくった部屋をフラフラと歩き台所へ。食パンとジャムと低脂肪牛乳&インスタントコーヒーで作ったコーヒー牛乳を腹に入れる(低脂肪牛乳&インスタントコーヒーは低脂肪牛乳の…

無職ヒモ日記5

○無職と行政の上手い付き合い方 無職にとって重い負担となるのが市民税、年金、健康保険である。 勤め人のうちは会社が費用負担をしてくれている部分があるが、無職はそうもいかない。特に市民税やら保険料は前年度の給与がベースになって計算されるため、無…

無職ヒモ日記4

○無職にとってのネット 無職にとってネットは偉大である、空気と一緒なくらい無くてはならないものである。 まずそのメリットと言えば、回線さえ引けば後は無料で際限なく娯楽を堪能できる点である。これが無ければ俺は恐らくパチスロや酒に溺れていたかもし…

無職ヒモ日記3

○無職の間の生活費 無職と言えども飯は食うし家は要る。水も飲めば風呂も入る。 というわけで収入は無くともそれらのコストはどうしてもかかる。食費に関して言えば無職日記2で書いた通り、袋麺を大量に買ってモヤシと卵ふぶち込めば生きていける。これを冷…

無職ヒモ日記2

○無職の生活 無職の朝は遅い、大体起きるのは12時~14時の間。大体寝るのが朝方の四時とから五時だからだ。何故そんな遅いかと言ったらだいたい深夜アニメを見ているからだ。シリーズモノだと先が気になってついついもう一話、もう一話ってなっていくとこん…