読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職ヒモ日記8

○無職の生活(彼女宅編)

 

基本的に彼女の自宅には週末入り浸る感じである。金曜の夜に部屋に行き、そのまま土日を過ごす。その間の食費は一応割り勘。光熱費に関しては無料である。

 

この日はふだん毎日シャワーなので湯船を張った風呂に入れることが楽しみであった。

 

食事に関しては一応割り勘であったが、元々買ってある食材に関しては不要。またネット通販で取り寄せた食材に関しては不要であったため、なかなか良いものが食べることが出来た。普段インスタントor半額惣菜で足りない栄養素、良質なたんぱく質、ビタミン、食物繊維はここで補給していたのである。まあ明らかに割り勘に足りないのは目に見えてます、それは自覚しておりました。ですので足りない分は身体で・・・、ええ料理は自分が作っていましたね、全部

 

彼女宅にはPS2を置いていた。そして中毒性の高い戦闘国家改というSLGをひたすらプレイしていた。後は割と真面目系の本、文学系などの読書なんぞを優雅にしたものである。

 

ちなみに彼女のウチは都内にある。毎週毎週往復の電車賃を払って行くのは無職に負担が多い。ので、交通手段は自転車にした。というか都内までの移動はほどんとが自転車である。これも無職に住みやすい埼玉県W市のおかげである。埼玉なのに板橋区で地続き、池袋も自転車で30分の距離である。一時間かければ東京の殆どに出られる好立地の賜物である。

 

 普段は部屋に引きこもり、アニメ鑑賞かゲームが読書しかしてない引きこもり。たまの外出くらい身体張って動かないと、筋肉は衰えていく一方である。ってわけで俺は進んで彼女宅と埼玉県W市の往復に自転車を使った。

 

(段々帰るのが億劫になって、彼女宅に入り浸るようになっていったのは言うまでもない)